○○の日記 本文へジャンプ

 足立区立千寿常東小学校 校長 加藤 敦彦が
学校や子供たちの様子、そして、思うままに教育論を展開していきます
  
]

令和3年4月30日(金)   緊急事態宣言発令中(4/25~5/11)  何か事故なら110番!! 
№1470 なるほど・・     

 『校長先生、待ち受けにどうぞ!』気軽に声をかけてきました。何かと思ったら6年生が図工で奇麗なフレームの模様を描いていました。なるほど・・。掃除の時間一生懸命にやる3・4年生の児童の姿がありました。傍で委員会の児童が掃除のチェックをしていました。なるほど・・。中休みに6年生とボールで少し遊びました。負けました(泣)。なるほど・・。
2年生が3つのクラスで時刻と時間のテストをしていました。5時間目に3年生も時間の学習をしていました。素晴らしい考えに〇を付けてあげました。苦手な児童には辛い時間かもしれません。どうしようか。1年生の「帰りの会」を見ていました。このひと月でもうすっかり小学生です。3組で「さよならジャンケン」をして帰しました。よい連休を!

令和3年4月28日(水)   緊急事態宣言発令中(4/25~5/11)   
№1469 本校への思い     

 2年生が生活科で『「1年生に学校をおしえよう』という取組を行います。「5 校長室」とありました。訪問してくれるのは嬉しいですね。その1年生はまだひらがなの勉強です。『いろいろ いきたい あいうえお』と言いながら「い」の口の開け方を学習していました。
 午後は離任式です。今年は体育館で6年生だけ参加し、あとの学年・学級はZoomで視聴しました。『常東小がよかった・・』そう思いを語る先生たちが多く、旧なかよし学級の先生は、現在の学校からZoomで参加していただきました。子供も大人も涙が光る素敵なひとときでした。さて大型連休が始まります。行方不明や事故等、まずは110番通報を先にしてください。金曜日は学校があります。

令和3年4月27日(火)   緊急事態宣言発令中(4/25~5/11)   
№1468 公開できませんが・・     

 授業の公開はしばらく延期となりましたので、可能な限り個人情報に配慮してこのブログでお伝えしたいと思います。子供たちが意欲的に挙手している場面です(5年生の学級会)。1年生の算数はまだ「数」の基本です。「数」と「数字」の違いを映像と黒板を活用し理解させています。
 2年生が本を借りていました。読書は知識の糧となります。本校ではずっと読書活動に取り組んでいます。新しく区のSCが着任しましたので校内を案内したあとZoomで自己紹介をしました。放送室内のスタジオです。勤務日は火曜日です。お昼に配信メールのテストをしました。まだ登録していない方は早めにお願いします。(次回5/7)

令和3年4月26日(月)   緊急事態宣言発令中(4/25~5/11)   
№1467 どこまで?    

 今日は屋上で全校朝会を行いZoomで流しました。話題が鯉のぼりだったからです。ちょっとしたLive中継のようでした。1年生が「はるみつけ」を行っています。学校の敷地内にはたくさんの植物が咲いています。今はネモフィラが鮮やかです。でもキャベツの裏側の卵や池のオタマジャクシの方に興味がある児童もいて楽しそうです。
 算数の「大きな数」は苦手な児童がいます。十進位取り記数法は4桁ずつ名前が変わるだけなのですが・・・4年生は「兆」の位まで既に学習しています。5年生の社会科で『日本の範囲(領土)』を学んでいました。『日本の上空はどこまで?』と児童にそっと聞いてみました。困った顔をしていました。日本の上空は大気圏までです。また日本では地下は40mまでだそうです。

令和3年4月23日(金)    
№1466 その工夫がいい    

 暖かな日差しの中で1年生が体育をやっています。場を工夫すれば子供の運動が広がり、喜んで動きます。2年生が働く消防写生会の仕上げをしていました。『地面はどこまでで塗ればいいでしょうか。』素晴らしい問いです。
 5年生は入れ物の容積の勉強です。容積に気付かせるために『水を入れたらこぼれちゃった』の問いが「なるほど」です。来週の離任式のための手紙を全校で書いています。宣言中ですので集まれませんがZoomを活用して行います。

令和3年4月22日(木)    
№1465 どうなんでしょう    

 放送室からの音楽朝会の試みがありました。楽器の音を聴き分けることはできそうです。2年生が時計の勉強をしていました。アナログ時計を読むことが苦手な児童が増えています。自宅にはデジタル時計しかないのかもしれません。欠席者(7名)と採取できない児童数名を含め、本日の尿検査の未提出は40名を超えたようです。どうなんでしょう。
 6年生の「文字と式」の授業を見ていました。途中『何のために文字を使うのか』と尋ねてみました。さて反応は・・。外国語アドバイザーの先生が代わりました。今日は4年生の外国語の学習を支援していました。授業の雰囲気も変わりました。ICTと並んで英語は重要な学習道具となっていきますね。

令和3年4月21日(水)    
№1464 実感を伴った理解    

 そだち指導(区の施策で3・4年生対象)が始まっています。1対1の学習ができるチャンスです。休み時間にも校長室で算数を学習する機会も作っています。1年生の図工では鯉のぼりの鱗をカラフルにしていました。色を挟んでいる所が工夫なのでしょう。今日は耳鼻科健診、明日は尿検査です。当日の朝に採取してください。容器忘れていませんか?
 『密!密!』5年生の算数の体積の学習では1㎥のモデルをつくり、短時間でも実感を伴った理解を図っていました。4年生の面積でも実際に1a(アール)を作ってみると実感するのですが・・・。今日はクラブ活動の第1回目で部長や副部長など役員を選出していました。立候補や推薦など様々な手法がみられました。その工夫に○。※密になる活動はすぐに辞めさせています。

令和3年4月20日(火)    
№1463 気持ちの表現  

 午前7時50分になると消防門を開けます。ダダダーと1・2年生の男子が走って昇降口の前に並びます。1番前になりたいのです。1年生の教室に行くと『見て見て』攻撃を受けます。校長に見てほしいのです。2年生が働く消防写生会の絵を仕上げていました。いいねえ。5年生の算数を見ました。体積です。特別だと言いながら・・少し説明しました。
 3年生の算数は3つの数のかけ算。結合法則を丁寧に教えていました。5時間目の音楽は4年生。まだまだ本格的に歌えないので、リズム打ちなど工夫して学習していました。最近、歌の題名を見ても分からない曲が教科書に掲載されるようになりました。子供たちの歌いたい気持ちが伝わってきました。今日4年生に「算数博士」が現われました。

令和3年4月19日(月)    
№1462 教科の学び  

 『マスクでも すぐにわかるよ おともだち』小P連主催の川柳コンクールで受賞した児童を表彰しました。素晴らしい出来です。今朝の朝会の話題は「浦島太郎」。なぜ玉手箱をあげたのかについて話しました。1年生は算数で「数」の学習をしていました。「数」と「数字」は意味が異なります。そこが難しい所なんですが・・・。
 三年生の講師の授業は国語で「漢字」の学習です。漢字は読み方がたくさんあって難しい言語です。5年生は図工で『ミラーステージ』を作っていました。鏡の世界には自分が投影されるのでしょうね。(気持ちいい)と言いながら、子供たちは楽しそうに粘土を触っていました。屋上の鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。

令和3年4月17日(土)    
№1461 はじめの一歩  

 『お久しぶりです!』受付をしてくださった保護者・PTAの方々やソフトボールクラブのお父さんたちとも1年ぶりに挨拶をしました。『大人が夢をもてば社会が変わる。』批判ではなく肯定です。今日は人数限定で公開ありの土曜授業です。のべ343人が来校していただきました。教室に入るのは4~6名です。初めて経験した2名の教員も緊張気味でした。
 3年生の算数、4年生の算数をはじめ全学級を何度かまわってみました。(いつ来るのかな)と後ろを振り向く子供たちも多くいました。皆、お家の人を待っているのでしょう。大人も子供もコロナに負けずにはじめの一歩を踏み出しました。放課後は、おやじの会の方々が1年生のために鯉のぼりを屋上に提げてくれました。主役が不在なのは淋しいですが、思いは風になびいています。ありがとうございました。

令和3年4月16日(金)    
№1460 生き生きして  

 1年生が使用する算数セットがコンパクトになりました。大きい箱ではありません。一つ一つ名前を付けるのは変わりませんが(いつも大変だと思います)・・。4年生が気温を測定していました。何度?と聞くと『22度』『20度』と様々な結果が返ってきました。えっ、それあり?5年生の「振り子」の学習も同じですが体験・実験・観察はとても大事な学習です。子供たちが生き生きとしています。
 コロナ禍で歌唱指導は神経を使います。行政(国や都・区)からの指示も対策をとった上での工夫に変わってきています。音楽で6年生が♪翼をください♪を歌っていました。過ぎ去った青春の日々を・・・。久しぶりの歌唱なので生き生きとした表情でした。なかよし学級では鯉のぼりに記名をしていました。明日、雨予報もあり、おやじの会による鯉のぼりを吊るすのは微妙です。

令和3年4月15日(木)    
№1459 はじめてのこと  

 『校長先生!モンシロチョウの卵があるよ。』3年男児が声をかけてきました。2時間に3年生と4年生が花壇で観察をしていました。4年生は静かに花をスケッチして、3年生はカエルや虫に夢中でした。3時間目は「1年生を迎える会」です。昨年度は中止にしましたが、今年はZoomで生放送と録画の両方です。
1年生をカメラの前で呼名し一人一人が「はい」と返事をしました。校長の話は校長室でZoom参加です。初めての試みです。カメ吉も出て子供たちは喜んでいたようです。委員会の児童を中心として全ての学年・学級で盛り上げた所が素晴らしかったです。そして1年生は初めての給食(カレー)、5時間授業でした。今日はぐっすり眠れるでしょう。

令和3年4月14日(水)    
№1458 考えて  

 内科検診は校医の先生ですが、発育測定や視力検査等は学校が実施しています。眼鏡を外すと一番上もよく見えませんので顔の一部です。さて、授業が本格化してきました。「7×6」の答えを忘れたらどのように答えを出すのか・・3年生がよく考えていました。7×5+7、6×7、7を6回たす等、多様な方法がでていました。マル。
 2年生の漢字の学習を見ました。最近、「跳ねる」「跳ねない」などネットで話題になっています。昔は『木編は跳ねない』と厳しく教えていました。象形文字など成り立ちによってダメなものはダメなのですが・・。今日の1年生は鯉のぼりに見守られ図工で鋏の扱い方を学習していました。集団での下校は今日までです。

令和3年4月13日(火)    
№1457 できること  

 今年はできる範囲・人で、おやじの会主催の1年生のための鯉のぼり大会を実施する予定です。土曜授業終了後、屋上に掲げます。願いを込めて鯉のぼりに名前を書き入れます。廊下には1年生が学校で初めて書いた名前があります。可能ならば4月・5月に指定した土曜授業でご覧ください。
 今日は区の学力調査日でした。2年生が初挑戦です。やはり自然教室が延期となりました。なかよし学級の宿泊学習も同様でしょう。本校はまん延防止等重点措置期間後(5月17日~鋸南、5月31日~日光、なかよし6月16日~)だったので実施できると期待していましたが・・・残念。

令和3年4月12日(月)    
№1456 何気ない歌ですが・・ 

 『大人が感染しているために一生に一度の僕らの大切な修学旅行がなくなっていく・・』本校を卒業した高校生の声が耳に残ります。大人~子供へ伝えるのはコロナではないのに。さて、対面式を校庭で行い1年生もやっと校庭で遊べます。1年生を労わると同時に6年生にとっては最高学年としての自覚が促されます。
 5年生が新しい図工の先生の授業を受けていました。緊張気味でした。4年生の算数も初めてです。学校はいろいろな先生や友達と出会いかかわりを学びます。「がんばれ!」とお家でも励ましてあげてください。全校朝会はチューリップの歌の話です。♪赤・白・黄色、どの花見ても奇麗だな♪の歌詞を聞いた紫・ピンク・橙色の花の蕾はいかに・・・。

令和3年4月9日(金)    
№1455 どこに行く? 

 『校長先生、かめ吉君は?』。1年生の下校時刻(11:45)に合わせてマペットを登場させています。カメ⇒うさぎと続けました。耳を引っ張ったり、頭を叩いたりする子には『優しくしてね』と声をかけます。触った後の消毒も欠かせません。今日は珍しい蛇男君です。2年生は「1年生を迎える会」の準備をしていました。早いですね。
 3年生の算数を見ました。32-23=9、41-14=27と「数の秘密(9倍になる)」を見付けていました。結構気付くものですね。凄い!6年生は「自分に質問する」という学習をしていました。なかなか考えさせられる質問です。「どれか一つ能力を得られるとしたら何?」「あと1日しか生きられないとしたら?」など、どう答えるのでしょうか。う~ん。ではよい週末を!

令和3年4月8日(木)    
№1454 ポジティブに 

 2年生・なかよし学級の子供たちが「働く消防写生会」を実施しました。『青空に恵まれ、消防自動車がここにいるということは今火事が起きていないということです』と話しました。1年生が靴箱(古い人は下駄箱と言う)の使い方を説明していました。“やって見せて、やらせてみて、褒めてあげる”こうすると子供はできるようになります。
 4年生が静かに国語の詩を学習していました。学年が上がりやる気が伺えます。『〇〇先生は怒ると怖いよ!』と言うと担任も怖い顔をしてくれました。子供たちは笑っていましたが・・・。なかよし学級の掃除は、意図的に白い紙を床にまいて箒ではくという体験をしています。工夫の一つです。午後は保護者会でした。今年はポジティブシンキングです。

令和3年4月7日(水)    
№1453 親ごころ

 2日目。学校まで送りに来ている保護者も多くいましたが渋る姿もなく順調のようです。記念写真をとる姿もあり、親心が伺えました。「校長先生に挨拶をするんだよ」と妹に教えている姉の姿が微笑ましくもあり・・・。廊下で健康チェック。コロナ禍で1年前からずっと実施している行動です。
 教室の黒板には教室でやることが書かれていました。(読めるのかな・・・。)時間で区切られている学校生活に早く慣れてほしいです。来週の対面式が終わるまで1年生は休み時間に校庭には出ません。学年が一つ上がり少し成長した子供たちがそばに寄ってきました。『校長先生、遊ぼう!』

令和3年4月6日(火)    
№1452 主役は子供    

 「下がるほど 人が見あぐる 藤の花」今年は咲きました。2年越しです。いつもこうありたいですね。さて、新年度が始まりました。1年1か月ぶりに体育館に集まりました。コロナ対策をきちんと行った上です。着任の先生の紹介、始業式、転入生の紹介など、子供が主役です。
 教室には新担任からのメッセージ。持ちあがりは5学級。ほとんどが「始めの一歩」です。午後は入学式。6年生の出席は代表の3名だけ。ここ数年、見事な挨拶が続きます。校長の話の趣旨は“あいす”かわいい1年生79名が入学してきました。今年1年、よろしくお願いいたします。